こけし好き夫のブログ

適応障害と診断された働き盛り33歳のメンズが妻の出産や、車の免許など忙しくも自分を見つめなおして仕事復帰するまで(希望)のいろいろです。

『ぼくたちの家族』

映画『ぼくたちの家族』を観賞。

自分の家族ともろ被りで、なんとなく照らし合わせて観てしまった。

 

実際に母親はまだ元気だけど、いつあーなってもおかしくないんだなと

思ってみていた。

実際自分も二人兄弟の弟で、映画に出てくると弟と同じように

わりと自由奔放にやらしてもらってきた。また兄よりも母親との

仲は良いので、余計にそう感じる。

 

実際に母親が病気になって、家族って何なんだろうって考えるけど

それじゃ遅いんだなあって。父、兄、弟それぞれの受け止め方が

全部違ったし、母の対応もそれぞれでとてもリアリティがあった。

 

ただ、不謹慎だが、母がああなったことで、家族が団結していくさまは

とても希望がもてるものだった。

結末は描かれていないが、母が孫に出会えてればよいなあと思った。

 

今日は自動車教習所に入校したけど、この映画が今日のハイライト。

 

今日も0.1%成長!